2009年にDoppyとTakaがフリーマーケットで出会ったのがきっかけ
その後DoppyがMasato、Kengoを、TakaがKazを誘い「奏人」を結成
バンド名の由来は「音を奏でる人」の集まり…というのは後付けで
最初にみんなでご飯を食べたのが「香名屋」という蕎麦屋だったから
Kazの東北移住をきっかけにNaoyanを正規メンバーとして加え
10年目の2019年、Kengoが脱退、Koshiroが加わり現在に至る
- 奏人の歴史を振り返る -
    概要 ライブカウント
  2009年 11月   DoppyとTakaが共通の知り合いであるOMU☆CHAのはぶちに誘われ、代々木公園の
フリーマーケットで出会った。二人とも継続的に活動しているアカペラグループに所属
していなかったため、意気投合。メンバー集めを始める。
 
    12月   Doppyがアカペラを始めるきっかけにもなった大学後輩のMasatoを誘った。
Takaは大学時代に一緒のアカペラグループで活動していたKazを誘った。
4人で初めての練習(課題曲は今はお蔵入りしているEXILEの「Together」)は品川駅近く
のカラオケ店(店名は伏せます)
楽しかったものの、異常なカラオケ代金の高さに絶句。 
 
  12月   12月の練習でバリトンが欲しいという話題となり、Doppyが大学後輩のKengoを誘う。
晴れて第1期「奏人」の発足となる。 
 
  2010年  4月    戸塚駅前のアカペライベント「アカペラ公園」にて初舞台。
「波達」のお揃いの衣装を揃える。
  6月    群馬県高崎市で開催した「上州アカペラ市場」に出演。
前泊合宿を決行。裸の付き合いにより絆が急速に深まった。 
  10月    横浜伊勢佐木町の野外イベント「横浜音楽空間」に出演。 
横浜在住のTaka家で事前練習。
  12月    初の箱(ライブハウス)ライブ。Koike主催のライブ「Mix vox」に出演。
場所:池尻大橋「Rocker room」
(現在はライブハウスはなくなりましたが、マスターいい人でした) 
  2011年 1月    初のオリジナル曲「ソライロパズル」を楽曲提供頂く。   
  2月    POP ROCKバンド「ケンソウシ」の対バンでライブ出演
以後、何回も共演をさせて頂く。
ちなみにケンソウシのボーカルはKaz、Takaと昔一緒にグループを組んでいた「Hee」
  4月    「ケンソウシ」の対バンでライブ出演
  5月    豊住ひとみさんより「Happy birthday」を楽曲提供いただく。
以後、ライブでのサプライズ用の曲としてヘビーローテーション。 
 
  7月    四谷の関西酒場「らくだば はなれ」にて貸切ディナーライブ。 
以後、らくだばが忘年会の定番場所となる。
  9月    奏人HPを立ち上げる。宣材用写真の撮影に恵比寿スタジオを借りる。
生まれて初めての写真撮影会に大盛り上がり。 
 
  11月    初主催ライブ「カナディアンタイム Vol.1 No Life No Singing
共演:Bob康之 育組
初の主催ライブ。結成後約2年で2ステージをこなす。疲弊。
  11月    カペリッチ同窓会ライブ
Kazのリード魂に火が付き、モテモテ。黄色い声援が飛びまくる。 
  2012年 2月    第9回練馬アカペラコンテストに出演
ライブ前に銭湯につかり、すでに戦闘終了。
ジャズ楽曲のバンドだらけの中、JPOPで挑戦し、華々しく散る。
10
  2月    「TOS with orangers」 に出演 
場所:高田馬場 mono
Masatoが扁桃炎にかかりドクターストップ。急遽すみっちをVpに迎える。
4人態勢でKengoが楽譜を見ながら2パートを行き来する絶技で乗り切る。
11
  5月    「ケンソウシ」の対バンでライブ出演 
ケンソウシHeeにもらったオリジナル曲「オリオン座流星群」を初披露
12
    7月    旅するカフェバーにて生声ライブ
平日金曜日の夜に開催 まだメンバーが会社でも若手のため実行できる時代
13
  8月    豊住ひとみバースデイライブに出演。
誕生日を提供いただいた「Happy birthday」でお祝いする。 
14
    11月    ドリアンライブに初出演
場所:下赤塚 SONANTA 
ドリアン jrとしての歴史が始まる。ここからドリアンとは切っても切れない縁に。
15
  11月     主催ライブ「カナディアンタイム@旅カフェ」
場所:旅するカフェバー(新宿御苑)
2週連続のライブで体力の限界を迎える。
16
  12月   「ケンソウシ」の対バンでライブ出演
 奏deNoon!! Vol.3ケンソウシXmasぱーりー
17
2013年 11月    ドリアンライブに2回目の出演 ヘルプVP: 130  18
  2014年 4月    大宮 Cheersにて貸切ライブ
以後、定期でCheersでのライブを打診されるが、場所と時間が合わず断念
19
    4月   CD完成、レコ発ライブ~カナディアンタイム Birth~
共演:大窪一真 pont nue
やっと完成したCDのレコ発ライブ。たくさんのお客さんに買っていただきました!
20
    5月    戸塚アカペラ公園に出演。 21
    5月   TOSライブに出演。 22
    7月   同時のTakaの勤め先でもあった箱根で合宿。
憲吾が2日目に声が出なくなるというハプニング。 
 
    7月    戸塚アカペラ公園マンスリーに出演  23
    9月    川口ストリートジャズフェス出演  24
  11月    ドリアンライブに出演 25
        主催ライブ カナディアンタイムVol. 3 「奏Liaン鯛ム」
共演:Liaison, 鯛茶ヅケーズ
26
  2015年  2月    ハモリスタ主催LIVE アカペラ詰め合わせ♪に出演 27
  3月    朝霞周辺のラジオ局すまいるFMにて奏人が紹介される   
  7月   主催ライブ カナディアンタイムVol. 4 「1st season FINAL」
Kaz東北へ移住することが決まり、最後のお別れライブ。
Kazは脱退をせず、年に4回のHPを使えるというドラクエキャラとして継続。 
28
  2016年 3月    Kazと同パートでなおやんが正規メンバーとして加入。
ドリアンXライブ~ドリアンの変~ 4回目の出演
29
11月    主催ライブ カナディアンタイム Vol. 5 KSK ~カズ さん 帰ってくる?!~
場所:四谷天窓swich

カズと遠距離バンドとしての最初のステージ。
30
  2017年 7月    ドリアンXライブ2017~Yesterday Once More~出演  31
  9月    仙台 定禅寺ジャズストリートフェス出演
フェス会場の端っこのライブで音響も厳しい中頑張る。
公園の巨大なこけしの前で演奏。牛タンを堪能して帰路につく。
32
  11月    カナディアンタイム Vol.6 「歌繋がり ~Song tag!~」
流行語「忖度」にならってライブタイトルを付ける。
カナディアンタイムのライブタイトルで意外と当時の世相をつかむ事が出来る。
33
  2018年 3月    A Cappella Collecition Voi.10 -party-に出演  34
  5月    水戸アカペラフェスティバル。
常磐線が行き帰り止まるというハプニングにも負けず好評。
35
  8月    夏ペラ吉祥寺ROCK JOINT GBに出演。
急遽Masato欠席により、当日朝なおやんを呼び出す。
全曲Kazがリードの編成に突貫工事で組み換え、後に語り継がれる?伝説のライブに。
36
  2019年 1月    Solaria主催ライブ「Tricolore」に出演。 
赤色を担当するも、衣装が微妙とのお叱りを受ける。
37
  3月    社会人アカペライベント「春ペラ」に出演  38
  5月    カナディアンタイムVol. 7「さよなら憲吾、こんちはコーシロー」
新メンバーコーシローを加えての初の主催ライブ。
39


TOPに戻る